最終レート&順位

個人的メモとして残します。

メインロムTNちぇんちぇ~
サブロムTNchen

ORAS最高 レート198X
USUM最高 レート1949
シーズン1 レート1737 15878位
シーズン2 レート1857 2893位
シーズン3 レート1745 7248位
シーズン4 レート1789 4035位
シーズン5 レート1880 1504位
シーズン6 レート1870 1751位
シーズン7 レート1785 2490位
シーズン8 レート1903 1288位
シーズン9 レート1854 1544位
シーズン10 レート1930 659位
シーズン11 レート1863 652位
シーズン12 レート1894 1273位
シーズン13 レート1812 2181位
シーズン14 レート1927 526位
シーズン15 レート1949 420位
シーズン16 レート1875 981位
シーズン17 レート1821 1067位
シーズン18 レート1911 467位
シーズン19 レート1807 1218位
シーズン20 レート1919 224位
シーズン21 レート1873 1215位
シーズン22 レート1901 841位
シーズン23 レート1735 3161位
シーズン24 レート1869 394位
シーズン25 レート1824 1020位
シーズン26 レート1954 174位
シーズン27 レート1804 1134位
シーズン28 レート1875 496位
シーズン29 レート1826 740位
シーズン30 レート1947 140位
シーズン31 レート1944 128位
シーズン32 レート1877 335位

【構築記事】宇宙型ダイナ+スカーフメタモン(S30最終140位)

シーズン30おつかれさまでした(。*・д・。)ノ

先々月を最後に当分ランクマお休みするって宣言してたのに、やる気、環境、構築が揃ってしまったので最終日徹夜してしまいました。

1.成績
TN:ちぇんちぇ~
105勝71敗 140位 レート1947(最終日18勝10敗)

TN:chen
94勝63敗 185位 レート1927(最終日20勝10敗)


2.構築の経緯
前期最終53位あまにさんの構築記事を参考(ほぼパクり)最終日戦いました。
□リンク
https://amaniiii.hatenablog.com/entry/2022/05/01/113019

①過去の上位順位達成者の構築を見ると

カイオーガ+ザシアン
黒バド+ザシアン
ホウオウ+ザシアン

が多く、これらに強めなコスパダイナ+スカーフメタモンから構築を組始めた。

コスパダイナが苦手な黒バド、日ネクに強くダイマを強く使えるイベルタル

③ゼルネアス軸に隙を見せるので物理テッカグヤ

④相手のムゲンダイナ、ディアルガなどの特殊アタッカーに後だし出来るラッキー

⑤カバ、ラグのあくび展開やホウオウ、ゼクロム、日ネクに強いラム霊獣ランド


3.個体紹介
①ムゲンダイナ

努力値:H252 B238 S20
・性格:臆病
・持ち物:くろいヘドロ
・特性:プレッシャー
・調整
耐久ライン:コスパ1回で+1ザシアンのきょじゅうざん自己再生で受けきれる。
素早さライン:最速100族抜き

イベルタル

努力値:B100 C244 S164
・性格:ひかえめ
・持ち物:いのちの珠
・特性:ダークオーラ
・調整
耐久ライン:+1ザシアンのきょじゅうざんと自身の珠ダメで落ちない
素早さライン:最速75族抜き

メタモン

努力値:H252 S252.
・性格:わんぱく
・持ち物:こだわりスカーフ
・特性:かわりもの
・調整
なし

テッカグヤ

努力値:A252 S252 H4
・性格:いじっぱり
・持ち物:弱点保険
・特性:ビーストブースト
・調整
なし

⑤霊獣ランドロス

努力値:A252 S252 H4
・性格:ようき
・持ち物:ラムのみ
・特性:いかく
・調整
なし

⑥ラッキー

努力値:H80 B252 D176
・性格:ずぶとい
・持ち物:進化の軌跡
・特性:しぜんかいふく
・調整
なし

□レンタル構築

4.選出
カイオーガ+ザシアン→ムゲンダイナ+メタモン+テッカグヤorイベルタル
②黒バド+ザシアン→ムゲンダイナ+メタモン+イベルタル
③ホウオウ+ザシアン→ムゲンダイナ+メタモン+テッカグヤorイベルタルorランドロス
イベルタル+ザシアン→ムゲンダイナ+ラッキー+イベルタル
⑤竜禁伝+ザシアン→ムゲンダイナ+ラッキー+イベルタル
⑥ゼルネ+日ネク→ムゲンダイナ+メタモン+テッカグヤorランドロス

【単体考察】ヨプナットレイの努力値調整を考える(S27)

S27で強いと言われてるオーガ+ザシアン、個人的に強いと感じてるゼルネ+日ネク両方の禁伝に役割が持てる一般枠ヨプナットレイ努力値配分を考察する。

f:id:chenche:20220211174916p:plain

種族値 H74 A94 B131 C54 D116 S20 合計489
努力値 H252 A188 B68
□性格  のんき
□特性 てつのとげ
□もちもの ヨプのみ(かくとう技半減)
□技構成
・ジャイロボール
パワーウィップ
・やどりぎのたね
・こらえる

VSザシアン(HA特化)

□被ダメージ計算
きょじゅうざん+インファイト確定耐えライン
H252 B68(性格補正有) or B196(性格補正なし)
きょじゅうざん 32~38.1%
インファイト 51.9~61.3%(ヨプのみ有)

□ダメージ計算
ジャイロボール(威力150)
H252ザシアン(B-1)
A無振 54.2~63.8%
A188 65.3~77.3%

てつのとげ 199×(1/8)=24ダメージ
てつのとげ×2回でA188で超抵乱数。
てつのとげ×3回でA188で確定

こらえるの採用が必要。
ザシアンのきょじゅうざんに対して後だしで勝てる。

VSカイオーガ

□被ダメージ計算
しおふき(威力150) C252+いのちのたま
H252 67.9~80.6%

□ダメージ計算
パワーウィップ
H4カイオーガ
A188 96.5~115.9%

いのちのたまダメージ込みで確定
ダイマ同士の対面打ち合いなら勝てる。

VSゼルネアス

□被ダメージ計算
きあいだま(C特化+2)
H252 74~87.2%(ヨプのみ有)

ムーンフォース(C特化+2)
H252 58~67.9%

□ダメージ計算
ジャイロボール(威力150)
H4ゼルネアス
A188 100.9~119.8%

H252ゼルネアス
A188 87.5~103.8%(乱数25%)

ゼルネアスの振り方次第になるがジオコントロールに対して後だしで勝てる。

日ネクに対しては枠の関係上「てっぺき」+「ボディプレ」が採用出来ないので、日ネクの型によっては積みの起点になる可能性がある。やどりぎを入れて裏に退く方がいいかな。

【構築記事】受け偽装型初手ダイマカグヤ構築(S26最終174位)

シーズン26おつかれさまでした(。*・д・。)ノ

全人類レジェンズアルセウスやってる中、ガラルに残ってランクマやってました。

今シーズンは1ヶ月を通して3桁前半の順位をキープしつつお気に入りの構築が出来たので紹介します。

1.構築のスタート
①高順位帯ではプレイングに差が出るため、サイクル構築は出来れば使いたくない。ただ選出段階で読まれる初手ダイマは構築は弱い。

②選出段階で初手ダイマとわからない見た目受け構築にすることで相手の意表をつく。

③受け構築に入るポケモンで唯一初手ダイマ適正があるテッカグヤ、または禁伝枠(ホウオウ、イベル)に初手ダイマするか考えたが、より読まれにくいテッカグヤ。それも物理テッカグヤから構築を組始めた。

□トレーナーカード

□構築

□最終順位
TN:chen
最終174位(レート1954) 勝率59.4%

TN:ちぇんちぇ~ 
最終218位(レート1932) 勝率65.8%


2.パーティー紹介

①ムゲンダイナ(選出率1位)

努力値:C252 S252 H4
□性格補正:S↑A↓
□特性:プレッシャー
□もちもの:りゅうのキバ
□短評
アタッカームゲンダイナ。前シーズンぐらいから評価を落としてたのか、みんな対策を薄めにしてたので通しやすかった。早くて火力があるポリゴン2みないなイメージ。
シーズン中盤まではハーブ+メテビ型で使ってましたが「ダイマックスほう」の瞬間火力を上げつつ、技の打ち分けできる「りゅうのキバ」に落ち着きました。


テッカグヤ(選出率2位)

努力値:A252 S252 H4
□性格補正:A↑C↓
※素早さライン 
 S+1 最速ガブリアスと同速
□特性:ビーストブースト
□もちもの:いのちのたま
□短評
構築の軸。冠環境の時も似たような型のテッカグヤ使ってたけど、禁伝環境でも最強でした。ほとんどの試合で初手ダイマして暴れてました。準速S+1で多くの禁伝の上を取れるのが偉かった。
この構築はカグヤ初手ダイマがバレずに通ればほぼ勝ち。受けきられたら負けとわりハッキリしてました。
初手対面S+1で抜けるラインならジェット。それ以外ならアースorスチル。
技のカスタマイズでいろんなことが出きるので、かなり好きよりのポケモンになりました。


メタモン(選手率3位)

努力値:H252 B252
□性格補正:ずぶとい
□特性:かわりもの
□もちもの:きあいの襷
□短評
「襷メタモンはゴ○」って思ってましたが、対面構築なら行動保証のある襷の方が使いやすかったです。
スカーフ警戒する相手の行動で得るメリットも大きく、結局同速勝負勝てればスカーフより「強いよね」ってなった。


④ヌオー(選出率4位)

努力値:H252 B252 D4
□性格補正:B↑C↓
□特性:てんねん
□もちもの:ゴツゴツメット
□短評
VSザシアン、ジガルデ対策。最後までこのポケモンの技構成、もちものを悩みました。
もちものはたべのこし、ゴツゴツメットで選択。技はVS日ネク対策の「たくわえる」、「のろい」か汎用性の高い「まもる」の選択。
余談ですがシーズン中盤までA0、A下降補正個体で使ってので、Twitterで流れてくる「ダイマ飴忘れた」とか「努力値振り忘れた」とかバカに出来ないと感じました。


⑤ラッキー(選出率5位)

努力値:H80 B252 D176
□性格補正:B↑A↓
□特性:しぜんかいふく
□もちもの:しんかのきせき
□短評
VS特殊ポケモン対策。シーズン終盤は1回も選出してない。出しても起点になるだけなので選出誘導枠として入れてました。


⑥水ロトム(選出率6位) 最終日

努力値:H252 B20 C80 D136 S20
□性格補正:B↑A↓
□特性:ふゆう
□もちもの:カゴのみ
□短評
最終日前日、カバルドンテッカグヤに100%勝てないと判明したので、最終日ボックスにいる眠カゴ水ロトムを引っ張ってきた。活躍したかと言えばどちらとも言えず、結局カバ、カグヤ入りに出したかと言えばそうでもなかった。


バンギラス(選出率6位) 最終日前日まで

努力値:A252 S252 H4
□性格補正:A↑C↓
※素早さライン 
 S+1 最速ガブリアスと同速
□特性:すなおこし
□もちもの:ラムのみ
□短評
VS黒バド、特殊イベルタル対策。基本的にラッキーと同じで選出誘導枠。
構築全体でカバ、ラグのあくび展開がキツすぎるので、逆にカモれるラムのみ採用だがS+1してもザシアン、エースバーン抜けないので、カバ+ザシ、ラグ+ザシには投げれないので結局お留守番。

3.選出パターン
①基本選出
テッカグヤ+ムゲンダイナ+メタモン

②VSザシアン(ヌオー、ナマコブシ入り)、ジガルデ、日食ネクロズマ
テッカグヤ+ムゲンダイナ+ヌオー

4.あとがたり
最終日前日に4回、最終日に5回レート1950チャレを失敗してあと1勝がめちゃくちゃキツかった。
「この1950チャレ失敗したら寝よう」と思った試合をTODで拾えたときは、どっと疲れがきて少し早めに撤退しました。一緒に最終日潜ってくれた「対面構築窓」のメンバーは感謝しかないし、多分1人でやってたらもっと早く撤退してました。
だいたい半年サイクルで自己記録更新出来てるので、次は2桁順位取れたら記事にしたいと思います。

【単体考察】ウルガモスの努力値調整を考える(S21)

S21注目のウルガモス努力値調整を考える。

f:id:chenche:20210808113222j:plain

種族値
H85 A60 B65 C135 D105 S100(合計550)

□特性
ほのおのからだ

1.優位点
ダイマ禁止によりダイジェットをうたれない。
②VSザシアンのタイプ一致技をすべて半減にでき、特性運ゲーができる。

2.調整ライン
①素早さライン
・最速ザシアン 実数値220
→S+1ウルガモス 
 実数値148(×1.5=222)だと努力値220必要
・最速黒バドレックス 実数値222
→S+1ウルガモス
 実数値149(×1.5=223)だと努力値228必要

②火力ライン(確一ライン)
・H252ザシアン
 C+1 かえんほうしゃ 実数値176必要→努力値164
 C+1 だいもんじ   実数値155→無振りでOK
・H252D132ザシアン(臆病カイオーガのしおふき最高乱数以外耐え調整)
 C+1 かえんほうしゃ 実数値198必要→努力値196+補正↑
 C+1 だいもんじ   実数値176必要→努力値164

③耐久ライン
・ようきザシアンA252の+1きょじゅうざん
 実数値H191 B116(努力値H244 B244)
 →42.4~50.2 乱数2発0.4%
 実数値H167 B113(努力値H52 B220)
 →49.7~58.6 乱数2発99.6%

・ようきザシアンA252の+1でんこうせっか
 実数値H191 B116(努力値H244 B244)
 →23.0~27.2
 実数値H167 B113(努力値H52 B220)
 →26.9~31.7

3.調整案
 ①努力値:H4 B244 C36 D4 S220(性格補正C↑)
  実数値:H161 A✕ B116 C176 D126 S148
 ②努力値:H4 B88 C196 S220(性格補正C↑)
  実数値:H161 A✕ B96 C198 D125 S148
 ③努力値:H142 B252 S116(性格補正S↑)
  実数値:H178 A✕ B117 C155 D125 S148
 ④努力値:H4 B148 C164 D4 S188(性格補正S↑)
  実数値:H161 A✕ B104 C176 D126 S158
  →Sを最速霊獣ランドロス抜き

【構築記事】ワイ式サンノラポリ2(S20最終224位)

シーズン20おつかれさまでした👋😃💦

今シーズンは過疎シーズンでレートのデフレが凄かったですが、順位は自己記録を更新できたので記事にしました。

□トレーナーズカード
f:id:chenche:20210731201814p:plain

□メインロム 最終224位 レート1919 勝率66%
f:id:chenche:20210801110639j:plain

f:id:chenche:20210801112123j:plain

1.構築のスタート
冠環境ラストは得意な攻め寄りのサイクル構築でやろうと思いサンダー+ウオノラゴンを軸に構築を組み始めました。

①サンダー+ウオノラゴン(構築の軸)

②使用率上位でサンダー+ウオノラゴン両方に強いドラパルト、カイリューガブリアス。この辺に強く出れるHBポリゴン2を採用。

③サイクル型のサンダーではカプ・レヒレ+ナットレイドヒドイデの処理に時間がかかり、HBポリゴン2では火力のあるサンダー、アローラキュウコンがきついので両対応できるチョッキ(ガラル)ヤドキングを採用。

④電気技の一貫を切りたかったのと、後発エースバーン、パッチラゴン、ドリュウズへの処理に不安があったためHBカバルドンを採用。

⑤この5体だと受け構築への対応に不安があったので珠サイコエースバーンを採用。

⭐完成
f:id:chenche:20210731201839j:plain

2.メンバー紹介
①ウオノラゴン
f:id:chenche:20210801071015j:plain
努力値:H252 S252 H4
□性格補正:A↑C↓
※素早さライン 
 スカーフ込みで最速121族(アーゴヨン)と同速
□特性:がんじょうあご
□もちもの:こだわりスカーフ
□短評
選出圧力最強。相手目線「エラがみ」への一貫ができないよう選出してくるのでいるだけで仕事した。状況に応じてダイマックスを切りダイウォール→ダイアタック→ダイウォール→エラがみのルートを考えて動くなど工夫が必要。

②サンダー
f:id:chenche:20210801082625j:plain
努力値:H252 B252 S4
□性格補正:B↑A↓
※素早さライン 
 +1 最速111族(化身ボルトロス)抜き
 +2 最速スカーフヒヒダルマ抜き
※耐久ライン 
 A特化悪ウーラオスの「あんこくきょうだ」 46.1~54.8%
□特性:静電気
□もちもの:弱点保険
□短評
構築の軸。サイクル加入が出来き、高速回復技があり、ダイマエースになり、特殊アタッカーの起点回避が出来き、運ゲーもできる。(ここ重要)
構築運用開始時はオボンのみを採用していたが、カバルドンにオボンのみを渡したこと、構築単位で氷技の一貫が出来てしまっていたので弱点保険で採用。これがめちゃくちゃハマった。
シーズン終盤似たような弱保サンダーによく当たったので警戒される場面は多々あった。

ポリゴン2
f:id:chenche:20210801073334j:plain
努力値:H244 B252 D12
□性格補正:B↑A↓
※耐久ライン
珠ようきエースバーンの「とびひざげり」 72.9~86.4%
□特性:トレース
□もちもの:しんかのきせき
□短評
相棒枠。今シーズンは特にカイリューランドロスが流行っていたので相手の特性を奪って安定した交代先になれるトレースがめちゃくちゃ偉かった。
有利対面一生「でんじは」打って運ゲーしてました。火力がないのが分かるとミミッキュドリュウズあたりが起点にしてくるので「イカサマ」で分からせることも出来る。

④(ガラル)ヤドキング
f:id:chenche:20210801074007j:plain
努力値:H244 C140 D124
□性格補正:D↑A↓
※耐久ライン
特化珠サンダーの「ダイジェット」41.2~49.2%
□特性:再生力
□もちもの:とつげきチョッキ
□短評
正直前期なんで流行ってたのか分からず半信半疑だったが、使ってみるとレヒレ、ナット、サンダーに強く技範囲が優秀なので相手の交代先にささる技を選択するだけでサイクル有利に進めれた。
サイコショック」の枠は「みらいよち」と選択になるがミラーに強く出れるのでこちらを採用した。

カバルドン
f:id:chenche:20210801075306j:plain
努力値:H252 B252 D4
□性格補正:B↑C↓
※耐久ライン
珠ようきエースバーンの「キョダイカキュウ」 43.7~51.1%
□特性:すなおこし
□もちもの:オボンのみ
□短評
普段は起点作成型のカバルドンを愛用しているが、構築に積みアタッカーがいないので「のろい」+「なまける」型で採用した。
この枠はHB剣舞ランドロスと交互で使用していたが、高速回復技があり複数回サイクル加入できるカバルドンの方がしっくりきた。

⑥エースバーン
f:id:chenche:20210801080313j:plain
努力値:A252 S252 D4
□性格補正:S↑C↓
※火力ライン
 HB特化ドヒドイデに「ダイサイコ」 90~109.5%
□特性:リベロ
□もちもの:いのちのたま
□短評
受け構築破壊枠。正直エースバーンである意味はあんまりない。鉢巻き悪ウーラオスの場合はラティアスランクルスゴチルゼルクレセリアなどの詰ませエスパータイプに強く出れるのでこっちの採用もあり。
今期はあんまり受け構築とあたらなかったので(ガラル)ヤドキングで受け構築崩せるなら、この枠は考察の余地あり。

3.きついポケモン(構築)
①ウオノラゴン
サンダー+ウオノラゴン相手のウオノラゴンキツくなりがち。ウオノラゴンミラーのじゃんけんに勝てないと秒殺されます。

ラグラージ
ほぼ100%仕事される。あくび打たれるかステロ撒かせるのどちらだけで止まるような立ち回りが必要。

④襷フェローチェ、スカーフヒヒダルマ
基本的にスカーフウオノラゴンより早い火力のあるポケモンは全部きつい。初手に投げてくる読みでサンダーにダイマ切って弱保起動させるムーヴで対策していた。

⑤展開(壁)構築
終盤ほとんど当たらなかったけど「ちょうはつ」、「こだわりトリック」などの対策を入れていないので好き放題される。詰ませポケモンへの対策も薄いのでこの辺は改良が必要。

4.総括
冠環境ラストシーズンということもあり、どうしても自己記録を更新したかったので達成できて良かった。
ラスト1週間はずーっと500位以内をキープ出来ていたので最終日は自信を持って迎えれました。

剣盾発売した最初のシーズンは最終15000位と悔しいスタートから、約2年近くかけて上位プレイヤーと対戦できるところまで成長出来て良かったです。

来期のルールはあんま好きくないので終盤ぼちぼちの順位にいたら、また記録更新出来る程度に頑張ります。

【構築記事】紫電一閃エレキ+ネクロ+ラオス(S15最終420位)

S15おつかれさまでした(。*・д・。)ノ

当初は「今期から禁伝環境なのでランクマやるかビミョー( ̄~ ̄;)」とかほざいてましたが最終日までしっかり楽しんでました😅

シーズン初めから共に戦った構築なので良かったら参考にしてくださいm(_ _)m

□トレーナーズカード
f:id:chenche:20210227142118p:plain

□使用した構築
f:id:chenche:20210228071545j:plain

□サブロム(TNchen) 420位 レート1949
f:id:chenche:20210301120826p:plain

※メインロムは最終日溶かしました😭😭😭

1.構築経緯
今環境から禁伝が1体使用できるルールとなったので禁伝枠を選ぶところから構築を作りはじめました。

相手の禁伝枠見てこちらの禁伝枠が選出できないと選出パワーが落ちるので、極力不利な相手が少なく、そこまで対策されないだろう日食ネクロズマを選びました。

□日食ネクロズマが有利な禁伝
・ザシアン、ムゲンダイナ、ゼルネアス、白バドレックス、ホワイトキュレム
□日食ネクロズマが不利な禁伝
イベルタル、黒バドレックス、カイオーガ、ホウオウ

□日食ネクロズマの優位点
・特性プリズムアーマーと持ち前の耐久種族値ダイマックス時の打ち合い性能が高い。
・専用技フォトンゲイザーメテオドライブが特性貫通のため、積エースが止まりやすい特性てんねん持ちに負けない。
・先にダイマックスを切ってもダイスチル、ダイアースで耐久値が上昇してるので、後発ダイマックスに切り返しされにくい。

□日食ネクロズマが弱い点
・技範囲が狭い。
・他の禁伝より遅い。

このことから先発要因で壁を張り有利不利関係ないとこまで積むことができれば、先にダイマックスを切っても崩しきれると判断した。

2.メンバー紹介
①レジエレキ
f:id:chenche:20210227150517j:plain

努力値 H156 B252 S100
□性格 ようき
※調整ライン
HB 特化鉢巻きゴリランダーのグラススライダー確定耐え
S +1最速ウツロイ、+2準速ガマゲロゲ抜き
□特性 トランジスタ
□もちもの ひかりのねんど
□短評
壁張り要因。オーロンゲも候補だったが相手のイベルタルカイオーガ、サンダーに対して圧力をかけれて、自主退場できるレジエレキにした。
勝った試合も負けた試合もだいたい瀕死になってる可哀想な子。

②日食ネクロズマ
f:id:chenche:20210227150859j:plain

努力値 H252 A28 S228
□性格 いじっぱり
※調整ライン
H 全振り
A 余り
S りゅうまい1回で最速エースバーン抜き
□特性 プリズムアーマー
□もちもの 弱点保険
□短評
スーパーエース。壁状態での耐久値がえげつなくほとんどのポケモンを積みの起点にできた。
特性と弱保の相性も抜群。
先述にもあるとおり先切りダイマックスしても耐久値を上げながら殴れるので、崩すタイミングが早い自分のプレイングととても相性が良かった。

③水ウーラオス
f:id:chenche:20210227151911j:plain

努力値 H4 A252 S252
□性格 ようき
□特性 ふかしのこぶし
□もちもの きあいの襷
□短評
もはや相棒ポケモン。エレキ+ネクロが地面枠(主にランドロス)を呼びやすいので初手投げしたら簡単に有利対面を貰えた。襷を盾にネクロズマで荒らした後のスイーパーにもなるので壁エレキ+積みネクロ+襷ラオスの並びがシーズン序盤から確立された。

カプ・レヒレ
f:id:chenche:20210227152425j:plain

努力値 H252 B252 S4
□性格 ずぶとい
□特性 ミストメイカ
□もちもの たべのこし
□短評
ころころ変わった枠。当初はイベルタル、サンダーに強いHDニンフィアやチョッキバンギラスを試していたが、シーズン終盤にイベルタルが減少したのもあり、「対イベルタルの性能を残しつつ」、「ウーラオスに強く」、「受け構築を崩し」、「あくび展開も阻止できる」カプ・レヒレを採用した。

⑤サンダー
f:id:chenche:20210227153544j:plain

努力値 H252 B4 C4 D188 S60
□性格 おくびょう
※調整ライン
HD 特化珠サンダーのジョット+ダイサンダー耐え
S +1で最速アーゴヨン抜き
□特性 プレッシャー
□もちもの タラプのみ
□短評
見えないサンダー受け。当初はCS珠サンダーにしていたが、ニンフィアバンギラスカプ・レヒレにしたことで相手のサンダーがきつくなった。上位帯では見えてるサンダー対策は通用しないのでこの選択は良かったと思う。また、最終日前日まで「ねっぷう」の枠は「かいでんぱ」にしていたがナットレイがウザすぎて変更した。

ランドロス
f:id:chenche:20210227154750j:plain

努力値 H4 A252 S252
□性格 ようき
□特性 いかく
□もちもの ラムのみ
□短評
第2エース。カバルドンラグラージのあくび展開を逆にかもれる偉い子。ただし日食ネクロズマと苦手な相手が被るのでこのへんは再調整が必要と感じた。

努力値調整はほとんど上手い人を参考にしてるのでご容赦くださいm(_ _)m

・基本選出
レジエレキ+ネクロズマ+水ウーラオスorカプ・レヒレ

ネクロズマが通しにくい場合の選出
ランドロス+サンダー+カプ・レヒレor水ウーラオス

3.さいごに
ラスト3日間ぐらいは500位前後をウロウロしてましたが、それ以降レートが伸びなかったし豆腐メンタルで連戦出来ませんでした😭😭😭
(上の世界で戦うメンタルを私にください)

ただ半年ぐらい前までは3桁順位乗せれたら喜んでいたので「成長したなぁ」とは感じました。

来シーズンは順位を狙いに行くのは少しお休みして仲間大会や配信多めにやっていこうと思います。