【構築記事】Re:ゼロから始める壁バトン構築(S11最終652位/レート1863)

ランクマッチを頑張られてたみなさん

S11おつかれさまでした(。*・д・。)ノ
S10に続いて最終3桁達成出来たので構築記事を書きました。
※S10のように最終日の夜に無理矢理作った構築ではなく、序盤からぼちぼち勝てていたので今回は自信作です😤

完全オリジナルではないですが…😅

最後まで読んでくれると喜びます☺️

□使用した構築
f:id:chenche:20201030204952j:plain

□結果(TN chen) レート1863 最終652位
f:id:chenche:20201101114159p:plain

※メインロム(TNちぇんちぇ~)は載せれないほどレートが溶けたので割愛します🤪🤪🤪

1.導入
S10はポリゴンZの対面構築で結果が出たので、S11は今まで苦手にしていた展開構築を試してみることにしました。

普段から仲良くしていただいている、もぐさん
(@mogu_poke22)が「この構築最強‼️」って教えてくれたのでそれを参考に組むことにしました。

□参考にした構築(S10 【最終40位 レート2105】幸せな悪夢)
https://sp.ch.nicovideo.jp/renobasu_poke/blomaga/ar1950282?nicorepotwitter_upload_blomaga

2.調整
参考元の基本選出、壁オーロンゲ⇒ペンドラーの加速+剣舞をバトン⇒珠ウーラオスでフィニッシュの流れがめちゃくちゃ強かったので、ここは変えることなく裏選出にアレンジを加えることにしました。

上記の基本選出で対策が必要と感じたのが
・特性てんねんで積みを無効化できるピクシー、ヌオー
・先制+弱点技でウーラオスを縛れるファイアローキュワワー
・VSミラーへの対策

これらをまとめて対策できるのがドヒドイデだと思い、ドヒドイデと相性の良い裏選出を試行錯誤した結果、サザンドラギルガルドと組ませるところに行き着きました。

また壁バトン構築は選出画面でバレると弱いので、上2体にサザンドラギルガルドという有名な並びを置くことで対戦相手に壁バトン構築への意識を逸らせるというのも意図しました。

これが配置学😤


3.メンバー紹介

①オーロンゲ
f:id:chenche:20201030212201j:plain

努力値 H244 B148 D116
□性格 わんぱく
□特性 いたずらごころ
□もちもの ひかりのねんど

ペンドラー
f:id:chenche:20201030212608j:plain

努力値 H204 A4 B180 D60 S60
□性格 わんぱく
□特性 かそく
□もちもの くろいヘドロ

③ウーラオス(水) ※通常ダイマックス個体
f:id:chenche:20201030212905j:plain

努力値 H4 A252 S252
□性格 いじっぱり
□特性 ふかしのこぶし
□もちもの いのちのたま

サザンドラ
f:id:chenche:20201030211549j:plain

努力値 H4 C252 S252
□性格 ひかえめ
□特性 ふゆう
□もちもの こだわりスカーフ

ギルガルド
f:id:chenche:20201030211845j:plain

努力値 H252 C188 S68
□性格 ひかえめ
□特性 バトルスイッチ
□もちもの たべのこし

ドヒドイデ
f:id:chenche:20201030212030j:plain

努力値 H252 B252 D4
□性格 ずぶとい
□特性 さいせいりょく
□もちもの ゴツゴツメット

4.動かし方
導入にも書いてあるとおり、基本選出はオーロンゲの壁張りから⇒ペンドラーで加速+剣舞を積みバトン⇒珠ウーラオスでフィニッシュの流れです。

壁バトンとサザン+ガルドの選出比率は体感8:2ぐらいでしょうか。

特に壁バトンで試合を重ねる中で意識したのが、
①オーロンゲ(初手)
「挑発」から入るか、壁から入るか。

こちらは壁ターンを1ターンでも長く持続したいので、相手の技が壁込みでどれぐらい入るかを頭に入れて、「ソウルクラッシュ」を挟んでから壁を貼るなど考えることは多かった。

ペンドラー(2手目)
壁込みで相手の技が「みがわり」を耐えるかを考えて「みがわり」から入るか即「つるぎのまい」から入るかを選択をした。

相手の裏のポケモンとこちらの残りの壁ターンと相談して何回「つるぎのまい」をすれば全抜き出来る体制になるかを意識した。

また裏のウーラオスに負荷がかからないよう、出来るだけ「みがわり」を残した状態でバトンすることも視野に入れなくてはならない。

このポケモンを動かしてる時が1番頭を使う😭😭

③水ウーラオス(締め)
ここまでくれば対面している相手に通る技を選択するだけですが、ダイマックスを切るタイミングが難しい。

積み回数が少ない状態でバトンすると相手に先にダイマックスを切られれば「すいりゅうれんだ」を耐えられ、返しのダイマックス技で倒されることがある。

とはいえ即ダイマックスを切ると相手の裏の襷枠に切り返される恐れがある。

このダイマックス択が最後まで身に付かず、せっかくバトンしたのに相手のダイマックスにこちらもダイマックスを合わせるとこが出来ず負けた試合が多々あった。

□さいごに
S11は自分なりに3つの目標を立てた。
①壁バトン構築でやりきる。 ⇒達成🎉
②常時3桁順位をキープする。⇒達成🎉
③S10よりも上の順位で終わる。⇒達成🎉

正直、シーズン当初は全部未達で終わるだろうなと思ってたましたが、案外頑張れた自分を誉めたい。

また自分の大好きなギルガルドと最終3桁を達成出来たことは本当に嬉しかった☺️

第8世代の環境では無理だと思ったよ(笑)

さいごにTNちぇんちぇ~、TNchenと対戦頂きありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ